« SmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす | トップページ | Docker Windows Client を Cygwin で動かすと tty を enable にできない件 »

2015年4月18日 (土)

Windows Server 2012R2 の Vagrant Base Boxを作る

OSの評価・機能検証には、手軽に作ったり消したりできる環境があると便利です。Windows Server 2012 R2 の評価環境を Vagrant で手軽にデプロイできるよう Box を作成してみましたので、手順をまとめました。QIITAの方 に載せています。

(Windows Server 2012 R2インストールには、マイクロソフトTechnetからダウンロードした180日の評価版を使っています。)

ロードマップ

Box作成の大まかな手順は以下のようになります。

  • 仮想マシンの作成
  • 仮想マシンの設定
  • OSのインストール
  • Guest Additionのインストール
  • Vagrant Base Boxにするための設定
  • Windows Update の設定と更新プログラムを適用
  • インストールされていない役割や機能のバイナリの削除(オプション)
  • 追加のアプリケーションのインストール(オプション)
  • 解放された領域をゼロで埋める(オプション)
  • Vagrant Base Box を作成
  • Vagrant環境にを Box を追加
  • デプロイテスト
  • RDP接続テスト

« SmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす | トップページ | Docker Windows Client を Cygwin で動かすと tty を enable にできない件 »

Vagrant」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Server 2012R2 の Vagrant Base Boxを作る:

« SmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす | トップページ | Docker Windows Client を Cygwin で動かすと tty を enable にできない件 »