« SmartOSのKVMゲストとしてCentOS7.1を動かしてみる | トップページ | Windows Server 2012R2 の Vagrant Base Boxを作る »

2015年4月13日 (月)

SmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす

今度は、Linuxコンテナ on SmartOSです。

SmartOSは仮想化テクノロジとして以下の機能を持っています。

  • SmartOSによるOS仮想化(コンテナ):
    • SmartOSのZone
    • LinuxのZone(LX Branded Zone)
  • SmartOS組み込みのハイパーバイザベースの仮想化
    • KVM

今度は、SmarOS上のLinuxコンテナであるLX Branded Zoneを動かしてみました。手順は、QIITAの方のSmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす に載せました。

« SmartOSのKVMゲストとしてCentOS7.1を動かしてみる | トップページ | Windows Server 2012R2 の Vagrant Base Boxを作る »

SmartOS」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SmartOSのLX Branded Zone(Linuxコンテナ)を動かす:

« SmartOSのKVMゲストとしてCentOS7.1を動かしてみる | トップページ | Windows Server 2012R2 の Vagrant Base Boxを作る »