トップページ | がじぇるねのクラウドコンパイラを使ってみました! »

2013年7月20日 (土)

GR-SAKURAがやってきた!

Arduino互換ボードの GR-SAKUARA (-FULL)を入手しました。初心者からハードユーザーまで手軽にマイコンを使った電子工作ができる環境を提供しようというルネサスの「がじぇるねプロジェクト」のレファレンスボードです。イーサネットのRJ45コネクタ、USBホスト機能、microSDカードソケットがあって、XBeeまでオンボードに実装できるという優れもの。おまけに開発環境をPCにインストールせずにWeb上でクラウドベースで開発することができます。このあたりはmbed的です(mbedさわったことないですが...)。Web上で開発してbuildしたバイナリプログラムをUSBメモリとして認識されているGR-SAKURAへコピーしてあげるとすぐにプログラムが動き出します。

GR-SAKURAは、若松通商さんアールエスコンポーネンツさんで販売されています。今回はカードが使えるのでアールエスコンポーネンツさんから購入しました。若松さんだと無色透明や桜色透明のケース等も販売されています。

Grsakuraaruduinouno_3

上の写真の下の段中央がGR-SAKURA、右がAruduino Uno。同じくらいの大きさですね。

Grsakuraup

アップにするとこんな感じです。色がなかなか。左上の銀色の物体はイーサネットのRJ-45コネクタです。

1307200030

↑こちらは、Aruduino Uno。左上の銀色はUSBコネクタ。イーサではありません。

Grsakurarj45

↑こちらは、GR-SAKURAを横から。左がイーサのRJ-45。中央の銀色は mini USBコネクタ。PCからプログラムの転送はここを使います。ちなみに、スマホによくある micro USBでもAruduino Uno の USB Type Bでもないです。

それから、USBホスト機能を使う場合はボードの裏側(表のmini USBの真下)にUSB Type Aのコネクタを自分ではんだ付けします。コネクタは、GR-SAKURA-FULLに添付されています。

ちなみにADK勉強会さん編著のGR-SAKURAでHello ADK
の情報によると中継コネクタを使えばType Aのコネクタをはんだ付けしなくてもminiUSBでUSBホスト機能を使うこともできるようです。いつの日かAndroid端末買ったら試してみよう。ちなみに、端末選びにはADK対応端末確認 が参考になるのかな。

トップページ | がじぇるねのクラウドコンパイラを使ってみました! »

GR-SAKURA」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GR-SAKURAがやってきた!:

トップページ | がじぇるねのクラウドコンパイラを使ってみました! »